自動車で遺体を運ぶこと

みなさんは、遺体を自家用車で運ぶのは法律違反ということを聞いたことがありますか。
基本的に、病院で家族がなくなった場合、お葬式会社の自動車で自宅まで運ぶことが一般化されています。
しかし、遺族が死亡診断書・火葬埋葬許可書を携行して、自宅の自動車で遺体を搬送することは法律上問題はありません。

遺体を自家用車で運んではいけないというのは、いつの間にか広まった根拠のないデマです。

中古のタントに関する情報をすばやく探せます。

ただ、葬祭業者の霊柩車等を利用する場合には、いろいろな面で安心という点が違うくらいなのです。

昔は葬儀といえば、遺体の搬送を含めていろいろなことを遺族や近所の人たちで行っていました。


けれども、今では死亡時点から葬儀が終わるまでを、すべて葬祭業者が関わるようになってきています。

ですから、遺体の搬送については専門業者が搬送するものという概念が広まっていったのでしょう。

中古のマーチ情報はこちらに集まります。

ただし自宅の自動車で遺体を運ぶには、必要書類を携行していること、遺体を損壊してはいけないなど注意すべき点があります。


また自宅の自動車で運ぶ際に、稀に遺体から体液が漏出することがあるようです。

自動車が汚れることをどう感じるかは、遺族の気持ち次第です。それについて気にしないという人は、下に敷く敷物などを用意できれば問題ないでしょう。

コインパーキングの有益な情報を提供します。

炎天下に長時間、遺体を放置することは、体液の漏れ出しの危険性や腐敗などを起こすこともあります。
遺体損壊となる場合がありますので、注意が必要です。

コペンのブレーキパッドのココだけの話をしましょう。

暑い時期に、自動車で遺体を運ぶ際は、適切な方法で冷却する必要があります。そのほかに注意すべきは、刑法の死体遺棄罪・死体損壊罪があります。
自宅の自動車で運ぶ際は、合理的な経路で搬送しなければなりません。

たとえ必要な書類等が揃っていても、必要のない場所へ遺体とともに行く事は死体遺棄罪と疑われる可能性もありますので注意が必要です。

神奈川のバイク販売の情報はすぐに役立ちます。

家族だけで故人の思い出の場所へ行くのは、必要最低限にとどめるようにしてください。

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n323184
http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/others/p27bfef47a44c186f92aa1d2c1c4941f9
https://www.zenkeijikyo.or.jp/